MISUGI

震災から11年。
まだ家族の元へ帰れない遺体がある。

岩手県の行方不明者はまだ1000人以上。
その中で、身元不明の遺体47体が、いまだにご家族の元に帰れていません。

焼けたことでDNAが採取できなかったり、歯科医院も流され歯型の照合が難しいこともありますが、
服や遺品や遺体の似顔絵が岩手県警のホームページに載っています。

しかし、ホームページへのアクセス数は年々減り、有力な情報も見つかっていません。

震災から11年、風化が進行しているいま、
かすかな希望になれるのは、行方不明者のご家族ではなく、
顔見知りかもしれない他人である「あなた」です。

この人を見たことあるかも… この遺品に見覚えある…

岩手県警のホームページを見ていただき、情報をお寄せいただけたら、何かが判明するかもしれません。

ひとりでも多く、1日でも早く、ご家族の元へ。

風化させてはいけない震災がある。岩手日報

震災から11年。まだ家族の元へ帰れない遺体がある。|横尾美杉 アートディレクター
震災から11年。まだ家族の元へ帰れない遺体がある。|横尾美杉 アートディレクター
震災から11年。まだ家族の元へ帰れない遺体がある。|横尾美杉 アートディレクター
震災から11年。まだ家族の元へ帰れない遺体がある。|横尾美杉 アートディレクター
震災から11年。まだ家族の元へ帰れない遺体がある。|横尾美杉 アートディレクター
震災から11年。まだ家族の元へ帰れない遺体がある。|横尾美杉 アートディレクター

これは2011年3月11日の岩手日報テレビ欄。
午後2時46分までは、普段どおりの日常でした。

11年前のあの日、わたしたちが知ったのは

人は今日、何が起こるか知ることはできない

ということ。

 

 

» 大切な人を想う日 公式サイト

Client
岩手日報
Producer
柏山弦、中村吉孝、高橋清基
Creative Director, Copy Writer
河西智彦
Art Director, Designer
横尾美杉
Photographer
百々新
Photographer Assistant
佐藤匠
Web Programmer
林幹博